ギャラリー

けやきようちえん 避難訓練

2017年11月02日(木)

11月は火災の訓練を行いました

22 KB

けやきようちえんでは地震の訓練と火災の訓練を行っています。2学期、2回目となる今回は「火災の訓練」です。自分の命を守る行動として「おかしもち」の約束があります。担任の指示を聞き、真剣に避難する姿が見られ全園児が避難するまでに1分半という時間でした。3歳児の懸命に参加している態度が素晴らしかったです。
 また、今回は消防署の協力も得て、放水の見学、職員の消火訓練も行いました。


21 KB
 避難を終えた子ども達は放水訓練を見守りした。消防士さん方の素早い動きに見入っていました。放水が始まると、「すごい!!」と歓声があがり拍手が起こりました。
21 KB
 真剣に見る子ども達。年長ぐみでは消防士さんのキレのある動きを見て憧れを持つ子もたくさんいたようです。
17 KB
 職員による消火訓練です。先生たちへ「がんばれ~」と声援があがっていました。初めて行う先生たちは緊張した、とのこと。しかし、本当に火事が起こってしまったときは子ども達を守るために初期消火をしなくてはなりません。やり方をしっかり覚える意味でも大切な訓練となりました。
19 KB
 消防士さんによる総評を聞きました。しっかりと話を聞いて避難できたことをほめてもらった子ども達。園では子ども達が火に触れる場はありません。しかし、家庭によってはガスコンロの火やライターなど子ども達の手が届くものもあるのでは。消防士さんから「絶対に触らないこと」と話していただきました。
22 KB
子ども達から、訓練に参加してくださった消防士さん方へプレゼントをしました。園を代表して年長児がペンダントと手紙をおくりました。
21 KB
 消防士さんに握手をしてもらう年長児。消防士さん方を目の前にすると体の大きさ、力強さを大いに感じたようです。
20 KB
 訓練を終えて消防車を見学する子ども達。かっこいい消防車を目の前にちょっと触ってみたり「これは何??」と消防士さんに質問をしました。ひとつひとつ丁寧に答えてもらいとっても嬉しそうでした。
23 KB
 訓練では真剣な表情だった子ども達も消防車を前に笑顔がたくさん見られました。今回の子ども達の真剣さ、話を聞く態度がこれからの生活に活かしていけるようにしていきます。
もどる